home

【テレワーク×労務管理】 テレワーク導入・対策研修

   令和2年12月4日、高岡商工会議所で、「テレワーク導入・対策研修」初回の講師をしました。県内のテレワーク事情は、富山県の調査によれば、半数強の事業所さんで、テレワークは「なじまない」という回答。  まだ一般的でない感じです。しかし、研修に参加された事業所さんでは、まだ実施はしていないがこれからのことを考えると、テレワークを考えていかなければならないという考えを持たれているという印象です。  システム会社さんではプログラマー職に対して実施しているところ、Webサイト制作の会社さんでは、デザイナー職、サイト作成職に対して実施しているところはあります。  実際されている職種の特徴としては、ジョブ型、つまり、どんな業務をするかがはっきりしているということがあります。  テレレワークの普及を考えるとき、その方にどんな業務をしてもらうかをはっきりさせていくことも必要と考えます。
詳しくは・・・

厳しい雇用環境が続いていますが・・・、だからと言って・・・。

新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい雇用環境が続いてます。 そんな状況で起こっているのが、こちらの会社で余剰人員を抱えてなんとかしなきゃ、もう一方のこちらの会社では人手不足でなんとか人を集めなければ・・・。 こんな2極化が起こっています。 ですから、この時期とはいえ、しっかりとした採用を行わなければ、適切な方を採用できないです。
詳しくは・・・

介護職の職業紹介手数料

https://www.youtube.com/watch?v=YhWLdAo-u54 職業紹介会社さんを活用する理由で一番多いのがこれです。 「(無料の)ハローワークなど他の採用経路では確保できなかった」 今、こういう状態なのです。 2020.1.29の北日本新聞の記事。介護職紹介 北陸45.8万円  つまり、自分のところで募集採用が難しいので、職業紹介会社さんから介護職の職員さんを紹介してもらうと、一人あたり北陸では、458,000円の手数料がかかるということ。  そして、この手数料を支払っても半年以内に3人に一人強は退職してしまう。  例えば、3人の紹介を受け、1,374,000円を支払ったところ、半年以内に1人退職。そして、1年後は・・・って、考えると、随分、怖い話。  この記事は、インターネットで調査とあるので、実際より紹介料が低く出てるんじゃないって言われる方もおられます。  職業紹介会社さんを活用する理由で一番多いのがこれです。 「(無料の)ハローワークなど他の採用経路では確保できなかった」  もし、無料のハローワークの求人申し込みで、採用ができるなら、きっと採用にかける費用も抑えることができ、しかも、抑えた費用は、給与や福利厚生に使えるはず。。。。  この記事をみて、なんとかしなきゃというわけで、3月、「ハローワークでの求人で必要な人を確保する」をテーマに、うちでセミナー開催することにしました。これから、準備します。 3月、ハローワークでの求人をテーマにセミナーを予定しています。開催日時・場所の案内を希望される方は、こちらからお聞かせください。 …
詳しくは・・・

仕事と介護の両立支援

https://www.youtube.com/watch?v=d-7EoM2IC50&feature=youtu.be 厚生労働省の動画を紹介します。 仕事と介護の両立に向けて ~社員が介護に直面した際にとるべき対応とは~ <人事労務担当者向け> 解説動画に登場する取組の詳細マニュアルや両立した方の事例集等はこちらをご覧ください。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html 社員さんから介護のため、しばらく休ませてほしいと言われたら、どうしますか? もし、社員さんから介護のため、会社をやめさせてほしいと言われたらどうしますか?
詳しくは・・・